アピール文章

8月3日は「司法書士の日」

2010年6月に開催された「第72回日本司法書士会連合会 定時総会」において
8月3日を「司法書士の日」として制定する事が決議されました

<なぜ?8月3日>


明治5年(1872年)8月3日、日本初の裁判所構成法ともいうべき「司法職務定制」が定められました。この法律では「証書人・代書人・代言人」が法制度を支える3つの基本的な職能として定められました。


特に代書人・代言人は裁判の円滑な行使に不可欠な存在として位置付けられ、証書人は現在の公証人、代書人は現在の司法書士、代言人は現在の弁護士となりました。


すなわち日本が新たな法制度を導入した記念すべきこの日、同時に司法書士制度が始まったわけです。

私共司法書士は今後も「くらしの法律家」として市民の方々にとって、気軽で頼り甲斐のある存在であり続けたいと思っております。


(左)日本司法書士会連合会、制作 (右)京都司法書士会、制作
(2010.08.05) ポスターの配布企画が実施されました。

8月4日(水)午後6時~大阪司法書士会館にて、「司法書士の日(8月3日)記念 ロザンポスタープレゼント」を行いました。
開始予定時刻の2時間前に最初の方が来館されるなど、大好評のうちに皆様にお渡しすることができました。
近畿一円はもちろんのこと、中には東京からお出で頂いた方もおられ、感動しました。炎天下の中、大阪司法書士会館まで足をお運びいただき、本当にありがとうございました。こういった機会を通じて、司法書士を身近に感じて頂ければ大変うれしく思います。今後ともよろしくお願い致します。


ポスター配布の様子 大阪司法書士会館の外観