アピール文章

『 法教育活動 』 について


全国各地の司法書士会は、古くは昭和5 0 年代頃から、また、消費者被害・多重債務問題が深刻化した平成10年頃以降はより活発に、主として高校生などを対象とした「出張法律教室活動」に取り組んできました。当初は消費者啓発教育を中心テーマとしていましたが、近年は労働法、人権問題、キャリア教育など講義のテーマも様々に広げながら、また、「法教育」の考え方も取り入れながら、この活動を発展させてきました。


近畿の各司法書士会も、各会の事業として法教育・消費者教育の活動を行なっています。近畿司法書士会連合会では、平成18年度から「法教育推進委員会」を設置して活動をしています。


法教育推進委員会は、近畿各会の法教育・消費者教育活動の連携を図り、教材の情報を共有し、講師養成研修の相互協力などを行っています。このように、近畿司法書士会連合会及び各司法書士会が法教育の推進に積極的に取り組んでいるのは、法的な疑問や被害を感じたときに、相談をしたり、法律を調べたり、司法制度や法律専門家にアクセスしたりするなど、こどもたちに、考え、行動する力を身につけた市民として成長してもらいたいと願っているからです。


平成27年6月に公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し(平成28年6月19日施行)、選挙権年齢が18歳に引き下げられました。これに対応して、学校教育における主権者教育もより重視され、関連する能力として、自ら考え、意見を発信したり、他人の意見を聞いたりして価値判断や合意形成ができる力を、小学生、中学生から高校生へと、発達段階に応じて育てていくことが大切になってきました。


近畿司法書士会連合会では、このような教育に関する最新情報や学校現場のご要望にも注目しながら、引続き、法教育を通じての学校教育の支援に取り組んでいきたいと考えています。

(平成28年7月28日更新)


現在の重点事業

1 . 各会が地元の高等学校等での法教育活動に取り組んでいます。開催校の希望に添ったテーマの講演、授業の実施に協力し、講師派遣を実施しています。講座開催の申込みその他のお問い合わせは、学校所在地の下記司法書士会事務局にお問い合わせください。

2 . 毎年度1回程度、学校教員の方にも参加していただける研修会として、法教育・消費者教育実施者向け研修会を企画しています。具体的な開催予定が決まりましたら、都度、このコーナーでご紹介していきます。
詳しくはコチラから